有難い相応しいは、続けづらい。小さい喜ばしいは、除けにくい。????

遠路色恋をしている一人の男性のエピソード。
彼は大阪に住んでいる。
ある日彼からユニバーサルスタジオジャパンに行こうって誘われました。この時点で相当うれしかったのですがまだ続きがあります。
我々はコーヒーが好きなのを彼は知っていたので「中に旨いコーヒーのお業者があるから一緒にいこ?」って誘ってくれたのでいくコミットメントをしました。
この時点では何も怪しむことなく素直に「そう。」というダイアログは何事もなく進みつもりを立て、デートの即日。
いくつかアトラクションを頂き、彼が予約してくれたコーヒーのうまいという例の食堂へ向かいます。
案の定いかなる旨いコーヒーなんだろうって楽しみにしていたら食事には誠に、取り敢えず用意してますという程度のコーヒーしかありませんでした。
品質が高いのかな?とかうだうだヒヤリングに憧れ始めましたが特にエスプレッソをお願い。
うまいことは美味しいですが、必ず何でもないコーヒーが出てきました。
なんだろう、、、俺が酷いのかな?とか不安になりながらも会話しているとたちまち人手が後ろから花火のついたホールのケーキを飯台の上に置きました。
何が起きたのかほとんど分かりませんでした。それからケーキの上に起こるプレートには「ハッピーバースデイ」という書かれていました。
まんまとだまされてしまいました。感動我々を見て大歓喜していた彼の面構えが一番の生まれサービスとして最高に楽しい事例でした。切手を買取り




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )